会長方針

会長方針

私は入会して今年で10年目になります。

今期会長を務めさせて頂くこととなりましたが、今年はわが名古屋栄ライオンズクラブにとりまして節目となる25周年目に当たります。
竹島25周年大会委員長はじめ会員の皆様方の力を結集して、本年度事業並びに周年事業を大成功に導きたいと思っております。

アクティビティ・例会の皆出席を目指して頑張りましょう。

地域NO,1のライオンズクラブを目指して

さて、ライオンズクラブには二本の柱があります。
「アクティビティ」(奉仕活動)と「会員の親睦」です。
わが名古屋栄ライオンズクラブはこの二本の柱がバランスよく組み合わさった素晴らしいクラブですが、さらに磨きをかけて地域NO,1のライオンズクラブを目指したいと思います。
まず「アクティビティ」として・名古屋大学留学生家族の日本語講座支援・栄小学校への花苗の寄贈・名古屋市小中学生の合唱フェスティバル・介助犬マラソンを支援しております。
全て素晴らしいアクティビティですので今期も継続致します。
また、5年に1度の周年事業としての千人合唱には多額の費用が掛かりますので、企業の支援・物品の売上等で確実に実施できるよう全員で努力します。
 
次に「会員の親睦」ですが、同好会を通じての日頃のお付き合いを充実させ、例会の出席率向上と会員増強につなげたいと思います。
例会が楽しくないから出席率が悪いという意見もありますが、わがクラブは毎回スピーカーを招き、他クラブと比べても充実した内容で例会の開催を実施しております。
出席率向上にはむしろ例会に行けば楽しい仲間に会えるという状況を作り出すことです。
また、同好会の参加資格を会員の家族・友人にまで広げ会員増強にも努めます。
 
 25周年事業として京都橘ライオンズクラブとの姉妹クラブ提携を計画しております。
先方クラブは今年56年になる伝統ある名門クラブです。
京都橘ライオンズクラブは「古都を楽しむ会」「詩吟同好会」「こーねる会」「さくら会」「アイボリー同好会」「ゴルフ同好会」「歩こう会」「ピラカンサス同好会」等10以上のクラブ同好会を持っています。これらの会での日頃の交流が例会の出席率向上と会員増強につながっているものと思料します。     
当クラブで確実に行われている「ゴルフ部会」は、もっとも会員間の親睦に貢献しておりますので、このような同好会を増やしたいと思います。
既存の「カラオケ同好会」は今期末一旦終了しますが新部会長のもと継続いたします。
 
以下、具体的に思いつく新たな同好会を挙げます。
「ゴルフ部会」の年1回の遠征ゴルフには観光組も参加していますので、「旅行同好会」を立ち上げ年数回の懇親旅行を企画し、遠征ゴルフの時には合同開催にすればよいのではと思っております。
 
麻雀についてですが、現在有志で行われている「雀酔会」をクラブの同好会とし、通常の例会以外に年数回の麻雀大会を催し楽しく活動したいと思っております。
 
また、我がライオンズクラブには飲食関係のメンバーも多くグルメぞろいです。
気のおけない仲間同士、ときどき飲食の会を実施しているようですので、この機会に「グルメ同好会」を結成し同好会のメンバー全員に声をかけたら如何でしょう。
 
以上、思いつくままの提案ですが会員の交流が盛んになれば例会への出席率は向上し、合わせて会員増強にもつながるものと思ってります。
親睦同好会として「旅行同好会」「麻雀同好会」「グルメ同好会」を創設いたします。
 
以上の理由で今期のスローガンは、

良き仲間・楽しい例会・ウイサーブ!

とさせていただきます。
 
奉仕活動には若干の自己犠牲が必要です。
我々メンバーは一般の人より多少なりとも恵まれた環境にあると思います。
金銭と労力両面での奉仕を行う事を通して、互いの友愛を深め、高潔な人格の形成に努め、地域社会に貢献できるとしたらこれに勝る幸せはありません。
奉仕とは与えることの喜びを自らが受け取ることです。

最後に

我々は縁あって名古屋栄ライオンズクラブに入会しました。
そのご縁を大切にし会員の親睦を深め、素晴らしい奉仕の輪を広めていきましょう。
 
微力ながら先頭に立って頑張る所存です。
一年間よろしくお願いいたします。

名古屋栄ライオンズクラブ会長
L 大西 要一